タイの労務管理について

【まとめ】打刻機器って何?勤怠管理を楽にするツール

打刻機器と、その種類について

打刻とは、誰が何時間出勤したか等の勤怠管理のために行う作業です。会社員やアルバイトを経験した方ならば想像がつきやすいのではないでしょうか。これらは、本質的に企業経営の効率化によるコスト削減のために導入されています。

その打刻作業に必要な打刻機は、かつてと比較しITの発達により今では様々な種類があります。かつては紙のタイムカードが主流でしたが時代は徐々に変化し、PC・スマートフォン・カードリーダー、今では顔認証や指静脈認証といったような様々なタイプがあります。

では、一体なぜこんなに種類があるのでしょうか。

なぜ、打刻機器にこんなに種類があるのか

かつて打刻は紙のタイムカード行われていましたが、現在では主に不正防止のために顔認証や指紋認証と様々な打刻機器が開発されています。働き方改革の意識が高まってきたことも相まって勤怠管理等の労務管理の重要性が叫ばれています。

利便性では拠点が一つではない、外回りの社員が多い会社に関しては、スマートフォンから打刻が行えること、また打刻忘れ防止のアラート機能が追加されている、と多くのニーズに応える形で進化しています。LINEやSlack(チャットツール)で出勤の確認ができるといった機能もあります。

そんな様々な種類がある打刻方法、下記では打刻機器とその用途・利便性についてまとめました。自社にはどんな方法が適するのか考える際の参考にしてください。

【打刻機のまとめ】

モバイル機器 打刻方法 コメント
指静脈認証/指紋認証 自身の指紋や指の静脈を登録し、生体認証を行うことによって打刻を行うタイプです。 不正防止ができることが大きなメリットになるでしょう。しかしその一方で、指紋で認証する場合においては、指紋の形が変わってしまう職についてる方はあまり適さないでしょう。例えば、飲食業や工事作業等は、水によるふやけ・傷によって認識の性能が著しく落ちる場合があります。また、従業員の多い会社では打刻に時間がかかり時間帯によっては混雑を招いてしまうかもしれません。
コストはそれ相応にかかると考えたほうがいいでしょう。また、前述したような混雑を避けるために複数台設置することを考えると、自社の経済状況や打刻時の環境をよく考える必要がありそうです。
Face ID 専用の端末に顔を登録し、画面を見ることによって打刻ができるというタイプです。 こちらも主に、指静脈認証/指紋認証と同じように不正防止ができることが大きなメリットと言えるでしょう。ただしこちらは、指紋認証のような職種によって起こるトラブルは少ないといえるでしょう。
コストの面はこちらも比較的高いため、自社の経済状況や打刻時の環境をよく考える必要がありそうです。
ICカードリーダー ICカードを利用して、端末にかざすことによって打刻が行えるタイプです。 SuicaのようなICカードがイメージしやすいでしょう。この技術を利用し、社員証などを端末に登録し、かざすだけで楽に短時間で打刻ができます。

ただし、他人への貸借りによる不正打刻の問題やICカードの破損によるリスクがあるので利用の仕方には注意が必要です。

コストは他と比較して、安くなるのでそこはメリットです。

スマホアプリ(GPSつき) こちらはお手持ちのスマートフォンから打刻ができるというタイプです。 営業などで外回りが多い職種にとても有効です。出先での不正打刻に心配という点もGPSシステムが付いているものが一般に多いため心配も無用です。

こちらはお手持ちのスマートフォンでできるため、コスト面の心配もいらないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

勤怠管理に必要な打刻機器には様々なタイプがあります。用途や利便性を理解することによって勤怠管理の効率化、小さな課題を改善できる一助になるかもしれません。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます